ホーム

2020年8月30日

公共工事の営業方法,受注方法?情報収集方法?

   ずっと分からなかった公共工事の営業方法,受注方法?情報収集方法?  

  それがたった一言のアドバイスを受けることにより、公共工事の営業方法,受注方法,情報収集方法

 がわかりました。こんなにも普通のことだったのか!普通だから分からなかった。

ここで公共工事の営業方法,受注方法,情報収集方法は、皆様の資格審査の格付けによりその方法は違います。

よって公共工事の受注を有利にするための基本的、あたりまえのことは、資格審査の格付けを希望するものに

もっていくことが大事です。

その資格審査の格付けになるのが、経審という制度です。

資格審査の格付けは,経審の結果の各工事ごとの総合評点Pに県等の評点(工事実績等)を加算して格付けが

決定されます。よって,その格付けに対応した県、市等の工事が発注されることになります。

(公表予算、工事名等)

そして皆さんは、どの工事の受注に挑戦していくか,長期的受注計画、情報収集に力を入れる必要が出て

きます。

皆さんの公共工事の受注方法は、本当は役に立たない!

 

 

 

 

 

公共工事を受注するためには、奥深い、やらなければならない,時間のかかる信用をえるための大事なことがある。

それは秘密です。当社のコンサルテイングを受けた人だけが分かり、公共工事を受注できて、会社の成長に

つながります。

教えてもらったことにより,ずーっと分からなかった公共工事の営業方法?受注方法?情報収集方法?

それがたった一言のアドバイスを受けることにより、公共工事の営業方法,受注方法,情報収集方法が

わかりました。

こんなにも普通のことだったのか!普通のことだったから分からなかった。

入札に臨むための工事の見積金額の算出については、自社で積算するよりは、地元の見積積算専門会社に

依頼したほうが良いと思います。

受注ならなかった場合には、発注元に出向いて、他社との入札金額等の状況を確認し、どうして受注でき

なかったのかの原因をつかみ次の公共工事の入札へのヒントの糧とします。

でもどうにかして公共工事をとりあえず1件でもいいから受注したい!

公共工事の営業体制,受注体制,情報収集体制を作りたい方,お問い合わせ下さい。

 

経審評点アップの方法

皆さんのご存知ですか?経審評点のアップの方法が、各建設会社によって違うことが。

人の顔がみんな同じではないのと同じように、それぞれの会社でその経審評点アップの方法は、違うのです。

よって皆さん経審評点アップの方法についてあきらめることはない。あなたの会社にはあなたの会社にあった

経審評点アップの方法があるのです。

そして私が30年間,この仕事に携わってきた経験より,経審評点アップができない企業様の多くは、毎年毎年の

経審の評点の上がったり、下がったりの結果に振り回されていることです。

じっくり考えた、経審評点アップの方法に気付きましょう。早く自社の弱い点を見つけましょう。